カコスミゲート


@リンク先に飛ぶ前に―
トップページのお約束を御覧下さい
A帰還する際は―
ブラウザの「戻る」で帰還して下さい


アタラシイ
過去の棲家




File034 IM茶屋





ウラの棲家のお約束


○ 当サイトの画像はすべて架空の物であり、CGです。CGの風景や建造物は実在はしません。

○ 当サイトのCGの説明文やその他の文章の内容は全て創作です。本気にしてはいけません。

本気にする可能性の高い、健全な発育途上にある未成年者は閲覧を御遠慮下さる様お願い致します。

○ 当サイトに掲載されたCGや創作文によって、何らかの迷惑を被った場合は掲示板でお知らせください。
○ その場合、事情によっては訂正や削除を致します。但し、その遣り取りは公開させて頂きます。

○ 当方は廃墟探索を推奨していません。




IM茶屋。


酷道・険道マニアの道標。



営業当時にはカコスミメンバーのYOCHI(婆)が訪れた事のある茶屋であり

廃墟となってからは、酷道・廃墟サイトのオフ会も催された事もあると言う局地的な人気を誇るナイスな物件。


先にこちらから閲覧するとより味わいが深くなります。 コチラ → アタラシイ過去の棲家 IM茶屋







船着き場より上がって来ると現れる茶屋。




船は出てないので反対側から歩いて来たのだけど演出上この順番で。







「建ってる」状態としてはもうしばらくは建ってると思われる。

が、

中にお邪魔させて頂くのはそろそろ限界と思われる。







普通に訪問するとこの角度で現れるおなじみの茶屋。


すごく・・・雰囲気変わってます。





ほっそい柱が重い瓦の乗った屋根を支えている。


中に入ると、崖下に茶屋もろとも倒れる予感。








上層階部分。瀟洒な窓が以前ははまっていた。

今は風通りが良すぎる状態となっている。




経年劣化による崩壊よりも、圧倒的に人為的に破壊された損傷が目立つという事に気が付いた。




階段を下りて下へ。






下層階。

























舟の来ない船着き場だけは変わらない姿だった。





ちょっとしたハイキング気分を味わいながら探訪する事の出来る、気持ちの良い場所でした。

こうなってしまっては木造の寿命は長くありません。


原型を保っているのもそんなに長い時間ではないでしょう。





ウラスミトップページへ
<戻る>

inserted by FC2 system